トップ > 会員規約
会員規約
サムライウェブ会員規約

第1章 総則

■ 第1条(目的)

「サムライウェブ会員規約」(以下「本規約」といいます。)は、会員が「サムライウェブ」に入会し、コンテンツ商品の利用その他各種のサービスを受けるにあたって、会員と運営団体であるCIRKLE(以下「当団体」といいます。)との間に適用される諸条件を定めたものです。

■ 第2条(定義)

本規約において、次の各号の用語は当該各号に定める意味を有するものとします。

  1. (1)「サムライウェブ」とは、当団体が事業運営するコンテンツ商品の態様に応じた販売または利用許諾その他各種サービスを提供するためのサイト「サムライウェブ」(http://www.samurai-web.net/)をいいます。
  2. (2)「コンテンツ商品」とは、当団体が会員に提供する情報・書籍・映像等の著作物、その他の各種コンテンツをデジタルデータ化したものをいい、具体的な提供方法、利用方法は本規約にて定めます。
  3. (3)「本サービス」とは、当団体が「サムライウェブ」において提供するコンテンツ商品の態様に応じた販売または利用許諾その他各種サービスをいいます。
  4. (4)「本システム」とは、本サービスを提供するために、当団体が管理・運営するサーバ・回線・周辺機器・各種データベース及び関連アプリケーション等から構成されるシステムをいいます。
  5. (5)「会員」とは、会員登録し、「サムライウェブ」において、コンテンツ商品を購入、利用許諾、その他各種サービスを受ける資格(有償・無償を問いません。)を取得した個人或いは事業主をいいます。
  6. (6)「ID」とは、「サムライウェブ」を通じてコンテンツ商品またはサービスを利用する権限を有する者であることを識別するための符号をいいます。
  7. (7)「パスワード」とは、「サムライウェブ」を通じてコンテンツ商品またはサービスを利用する権限を有することの認証を受ける際、IDとともに入力する符号をいいます。
  8. (8)「カード会社」とは、会員が契約しているクレジットカード会社であり、会員が利用料金を支払うために、所定の手続に従って指定し、登録したクレジットカード会社をいいます。
  9. (9)「指定カード」とは、カード会社の発行するクレジットカードであり、会員が利用料金を支払うために、所定の手続に従って指定し、登録したクレジットカードをいいます。

■ 第3条(適用)

1.本規約は、会員と当団体との間で別段の合意なき限り、会員による本サービスの利用に関する一切の行為に適用されます。
2.会員は、本規約の定めに従って、本サービスを利用することに同意する場合のみ「サムライウェブ」に入会することができ、また「サムライウェブ」に入会し、本サービスの利用を開始した場合は、本規約に同意したものとみなされます。

■ 第4条(本サービスの提供地域等)

1.当団体による本サービスの提供地域は、日本国内に限定されます。日本国外にて「サムライウェブ」の全部または一部にアクセスすることが可能であり、本サービスを利用できる場合であっても、当団体が日本国外で本サービスの提供をするものと解釈されるものではありません。
2.本サービスを利用できる時間は、1日24時間、1週7日間とします。ただし、当団体が第24条に基づき、本システムの保守等を行う場合は例外とします。

第2章 入会手続

■ 第5条(入会資格)

「サムライウェブ」に入会し、本サービスを受けることができる会員は、個人、法人その他の団体等とします。

■ 第6条(入会の申込)

1.入会希望者は、所定の手続に従って、入会の申込をするものとします。
2.入会希望者が未成年者の場合、原則として自己の法定代理人の同意を得た上で入会の申込をするものとします。

■ 第7条(入会の審査及び承諾)

1.当団体は、前条に定める入会希望者の入会申込を受領した後、所定の手続に従って必要な審査を行った上、入会申込に対する承諾または拒絶を通知します。
2.通知の方法は、口頭、FAX、手紙等の書面または電子メール等、所定の方法によります。
3.前項に定める審査の結果、入会希望者が次の各号に定める事項に該当する、または該当するおそれがあると当団体が合理的に判断した場合、当団体は入会申込を拒絶します。

  1. (1)入会希望者が本規約に違反する行為を行ったまたは行うおそれが強いと当団体が合理的に判断した場合
  2. (2)入会希望者が入会申込時に虚偽の事項を申請したことが判明した場合
  3. (3)入会希望者が過去に本サービスの不正利用等により会員資格の取消または本サービスの利用を停止されていることが判明した場合
  4. (4)入会希望者が未成年者等であって、入会の申込にあたり法定代理人等の同意を得ていないことが判明し、当団体が法定の催告手続をとった場合
  5. (5)その他入会希望者の入会申込を承諾することが、当団体の業務の遂行上著しい支障があると当団体が合理的に判断した場合

■ 第8条(会員の申告義務)

1.会員は、氏名、住所、電話番号、その他所定の事項について正確、真実かつ最新の情報を登録し、保つ義務を負うものとします。
2.当該情報に変更があった場合、会員は速やかに所定の手続により変更の登録を行うものとします。
3.この変更登録がされなかったことにより発生した会員の不利益に対して、当団体に故意または重過失ある場合を除き、当団体は一切責任を負わないものとします。

■ 第9条(ID及びパスワード)

1.入会希望者は、入会申込時に所定の手続により初期設定のパスワードを申請するものとします。当団体は、その所定の手続により当該パスワードを審査・登録し、会員にこれを付与します。
2.会員は、パスワードを適宜変更して、パスワードの保護に努めるものとします。
3.会員は、ID及びパスワードの管理(パスワードの適宜変更を含む。)について一切の責任を負うものとし、第三者に開示、漏えい、譲渡、担保供与せず、またこれを利用させてはならないものとします。
4.当団体は、ID及びパスワードの管理につき、当団体に故意または重過失ある場合を除き、一切責任を負わないものとします。
5.会員のID及びパスワードによる利用その他の行為は、全て利用者による利用とみなします。
6.当団体において「サムライウェブ」に送信されたID及びパスワードと当団体に記録されているID及びパスワードの一致を確認して取扱った場合、当該確認後ログアウトまでの一連のアクセスはID及びパスワードの発行を受けた会員によってなされたものとみなして本規約の規定を適用するものとします。
7.会員は、ID及びパスワードが第三者に漏えいされ、不正に利用されるおそれが発生した場合または不正利用された疑いが生じた場合は、直ちに所定の「サムライウェブ」の窓口に通知するものとします。
8.第7項の通知が当団体に到達し、当団体が次項に定める処置をとるために必要な合理的期間が経過するまでの間は、前項により取扱うものとします。
9.当団体が前項の会員からの通知を受領した場合、当団体は当該会員のIDの利用停止処置をとるものとします。この処置によって会員が被った損害について、当団体に故意または重過失ある場合を除き、当団体は一切責任を負いません。

■ 第10条(個人情報の取扱い)

当団体は、会員の個人情報を当団体規定のプライバシーポリシーに従って取扱うものとします。

■ 第11条(設備等)

本サービスを利用するために必要な通信機器・ソフトウェア・その他これらに付随して必要となる一切の機器の準備は、会員の責任と費用において行うものとします。

■ 第12条(退会)

1.会員は、自己の会員資格を放棄し、会員登録を抹消することを希望する場合、所定の手続に従って、当団体に対し会員登録抹消の請求をするものとします。
2.当団体は、前項の請求を受けた後、所定の手続を経て会員に対し会員登録抹消通知を発した時点で、以後、会員登録抹消の効果が生じるものとします。
3.前項により会員が会員登録を抹消した場合であっても、会員資格抹消以前にすでに成立しかつ履行の完了していない個別の取引については、本規約に従って処理するものとします。

■ 第13条(会員資格の取消)

会員が次の各号に定める事項に該当する、または該当するおそれがあると当団体が合理的に判断した場合、当団体は何らの催告または通知をすることなく、当該会員の会員資格を取り消し、以後当該会員に発行したID及びパスワードを利用不能とすることができるものとします。この場合、当該会員は期限の利益を喪失し、一切の残債務を一括して履行するものとします。

  1. (1)会員が本規約に違反し、当団体がこの違反に対し相当期間をもって是正の催告をしたにもかかわらず、この違反が是正されない場合
  2. (2)会員登録時に虚偽の申請をした場合または登録変更を怠った場合
  3. (3)差押、仮差押または租税滞納処分を受けた場合
  4. (4)強制執行、競売、破産または再生手続開始の申立てがあった場合
  5. (5)支払停止に陥った場合その他信用状態が著しく悪化した場合
  6. (6)当団体が会員に対し、電子メール等による連絡をしたにもかかわらず、会員の所在が不明となった場合
  7. (7)指定カードによる利用料金等の支払方法を選択した会員が、指定カードの名義人と異なり、相当の期間を定めて是正の催告をしたにもかかわらず、当該期間内に是正されない場合
  8. (8)指定カードによる利用料金等の支払方法を選択した会員が、カード会社から指定カードの利用に関する契約の解除、その他の理由により指定カードの利用を認められておらず、相当の期間を定めて是正の催告をしたにもかかわらず、当該期 間内に是正されない場合
  9. (9)会員(無料会員に限る)のウエブサイト上に当団体へのリンク(http://www.samurai-web.net/)を設けることを会員が怠った場合で、かつ当団体からの改善の要求にも応じない場合
  10. (10)前各号の他、正当な理由により当団体が会員として不適当と認めた場合
2.前項により会員が会員資格を取り消された場合であっても、会員資格取消以前にすでに成立しかつ履行の完了していない個別の取引については、本規約に従って処理するものとします。

第3章 本サービスの利用

■ 第14条(本サービスの利用)

1.利用者は、ID及びパスワードを入力して、日本国内限定で本サービスを利用することができます。
2.利用者は、自己の責任において本サービスを利用するものとし、本サービス利用に際してなされた一切の行為及びその結果について、当該行為を利用者が行ったかどうかを問わず、一切の責任を負うものとします。ただし、当団体に故意または重過失ある場合はこの限りではありません。

■ 第15条(本サービスの利用申込等)

1.会員は、「サムライウェブ」内の各サイトで提供されている本サービスの利用を申込むに際し、当該サイト内の具体的指示及び条件に従うものとします。
2.会員が前項の本サービス利用の申込みを行った場合、当団体から会員に対し当該申込を承諾する旨の通知が会員に到達した時点で、本サービスの主内容となる個別・具体的なコンテンツ商品またはサービスの利用許諾契約が成立するものとします。
3.会員は、当団体が書面ではなくインターネットを通じて電子データを送信する方法により承諾通知を行うことに同意するものとします。

■ 第16条(コンテンツ商品の提供方法)

1.当団体は、当団体が提供する具体的なコンテンツ商品に応じて閲覧型、ストリーミング型、ダウンロード型、検索型等、所定の方法で会員が利用申込したコンテンツ商品を会員宛てにインターネットで配信(公衆送信及び送信可能化等を含みます。以下同じ。)するものとします。なお、配信にこの当団体の義務は当該コンテンツ商品を「サムライウェブ」内の各サイトから利用可能な状態に置くことに限られ、コンテンツ商品の利用にこの通信、操作等の必要な個別の作業については会員の責任と費用で行うものとします。
2.会員は、前項に従い配信されたコンテンツ商品について、利用申込時に当団体より提示されたコンテンツ商品の具体的な利用条件に従うほか、著作権法に定める私的使用及びこの私的使用を目的とする複製で同法により認められているもののみを行うことができ、この範囲を超えて利用してはならないものとします。
3.前項において禁止される利用には、有償、無償の別や利用目的のいかんを問わず、コンテンツ商品の著作権者その他の権利者の許諾を得ずに行う改変、翻案、私的使用目的以外の複製、他人への譲渡、貸与、インターネットその他のネットワークを利用した他人への配信その他権利者の権利を侵害する行為を広く含みます。
4.会員が第2項に違反したことにより損害を被った場合、当団体は一切責任を負いません。また、この事由により当団体が損害を被った場合、会員は当該損害を賠償する責任を負うものとします。

■ 第17条(コンテンツ商品の著作権等)

1.「サムライウェブ」内に掲載された情報または「サムライウェブ」内の各サイトに掲載された情報その他コンテンツ商品に含まれる全ての著作権、商標、標章、ロゴマーク等に関する知的財産権その他一切の権利は、当団体またはコンテンツ商品の提供 者等に帰属し、会員には帰属いたしません。
2.会員は、コンテンツ商品の利用申込時に当団体より提示されたコンテンツ商品の具体的な利用条件の範囲内で本規約に従って、コンテンツ商品を利用する権利を取得し、その範囲内で「サムライウェブ」及び各サイトにおける、コンテンツ商品の閲覧、ストリーミング、ダウンロード、検索等を行うことができるものとし、それ以外にコンテンツ商品の複製、改変、送信、販売等、コンテンツ商品に含まれる権利を侵害する一切の行為を行ってはならないものとします。
3.当団体は、その任意の判断により、会員が「サムライウェブ」に投稿した情報の全部または一部を、編集を加えまたは加えずに、「サムライウェブ」に掲載し、または削除することができるものとします。

■ 第18条(検査及び瑕疵担保責任)

1.会員は、第16条に基づき当団体より会員にコンテンツ商品が配信された後、8日以内にコンテンツ商品の瑕疵の有無を検査するものとします。会員は当該期間内にコンテンツ商品に瑕疵を発見した場合、直ちに瑕疵の内容を説明する通知を当団体に送るものとします。
2.当団体は、この通知に対し、当団体の判断にてコンテンツ商品の修正、再提供もしくは利用料金の返金等の合理的な措置を講ずるものとします。
3.前項に定める期間内に会員から当団体に対し、何らの通知のないときは、当該期日満了日をもってコンテンツ商品の瑕疵検査に合格したものとみなします。
4.会員が当団体に対し、コンテンツ商品の瑕疵を通知し、その修正品もしくは代替品の提供を受けた場合は、第1項に準じて再検査するものとします。
5.会員が合理的な注意を尽くしてもコンテンツ商品の瑕疵を発見できなかった場合、第1項に定める検査期間満了日から起算して、当団体が当該コンテンツ商品の提供を継続する間に限定し、当団体は当団体の判断にて当該コンテンツ商品の修正もしくは再提供する責任を負担します。
6.前条に規定する責任をもってコンテンツ商品の瑕疵に関する当団体の責任の全てとし、当団体はこれを超えて損害賠償等の責任を負わないものとします。ただし、当団体に故意または重過失ある場合はこの限りではありません。

■ 第19条(非保証)

当団体は、会員が利用条件及び本規約に従ってコンテンツ商品を利用することが第三者の著作権を侵害しないことを保証し、その他コンテンツ商品の完全性・正確性・有用性まで保証するものではありません。

■ 第20条(禁止事項)

会員は、本サービスを受けるにあたり、次の各号に定める行為を行ってはならないものとします。

  1. (1)「サムライウェブ」を営利目的のために利用し、または「サムライウェブ」を利用した営業活動を行う行為。
  2. (2)他の会員のID及びパスワードを不正に入手しもしくは不正に利用する行為。
  3. (3)事実に反する情報を会員申込時に申請し、もしくは必要な登録変更を怠る行為。
  4. (4)有害なコンピュータプログラムを「サムライウェブ」に送信すること、「サムライウェブ」への不正アクセスを行うこと、またはこれらの行為を試みる行為。
  5. (5)法律、命令、行政処分、その他の規制に違反する行為。
  6. (6)犯罪行為を惹起または助長する行為その他犯罪行為に結びつく行為。
  7. (7)猥わい図画・文章に該当するものを掲載する行為。
  8. (8)当団体または第三者が有する著作権、商標権、肖像権、プライバシーその他の権利・利益を侵害する行為。
  9. (9)当団体または第三者を誹謗中傷し、またはその名誉、信用を害する行為。
  10. (10)虚偽情報、事実誤認を生じさせる情報等を「サムライウェブ」において掲載し、または「サムライウェブ」に掲載された情報を改ざんする行為。
  11. (11)選挙の事前運動、選挙運動またはこれらに類似する行為及び公職選挙法に抵触する行為。
  12. (12)その他公序良俗に反する行為。
  13. (13)前各号の他、方法のいかんを問わず「サムライウェブ」の運営を妨害する行為。

第4章 利用料金の支払(本章は有料会員についてのみ適用されるものとします。)

■ 第21条(利用料金)

会員は、本サービスの利用の対価として当団体が別途定める利用料金を支払うものとします。

■ 第22条(支払方法)

1.会員が、利用料金の支払いを行う場合には、ID及びパスワードを入力して、「サムライウェブ」内の各サイトの具体的指示及び条件に従い、当団体が認める正当な会員であることを示すものとします。
2.会員は、その選択によりコンテンツ商品の利用料金その他本サービスの利用料金(消費税及び地方消費税を含みます。)を次の各号に定める方法で支払うことができるものとします。

  1. (1)指定カードによる支払い
  2. (2)銀行振り込みによる支払い
  3. (3)その他当団体が定める方法による支払い
3.会員が前項1号に基づき指定カードでの利用料金の支払いを選択する場合、次の各号に従うものとします。なお、会員とカード会社との間で、利用料金支払債務をめぐって紛争が発生した場合、当該当事者間で解決をするものとし、当団体に故意または重過失ある場合を除き、当団体は一切の責任を負わないものとします。
  1. (1)会員は、カード会社の規約に従って、指定カードにより利用料金を支払うこと
  2. (2)会員は、当団体に指定カードの変更または解約を申し出ない限り、継続して指定カードにより利用料金を支払うこと
  3. (3)指定カードの会員番号・有効期限が変更された場合、または会員が指定カードの会員資格を喪失した場合、会員は当団体に対し速やかにその旨を連絡すること
  4. (4)会員から当団体に対し、前項の連絡がなかった場合、会員の事前了承なしにカード会社から当団体にその旨が通知され、当団体がカード会社からの通知をもって会員からの指定カードの会員番号・有効期限変更の連絡またはカード退会の連絡とみなし、当該会員の会員番号・有効期限を更新もしくは利用料金の支払契約の解除を行うことに異議がないこと
  5. (5)カード会社により、会員が当団体に届け出た会員番号・有効期限が更新された場合であっても利用料金を異議なく支払うこと
4.会員が本サービスの利用にあたり、指定カードによる利用料金の支払いを希望する場合には、会員は、指定カードに関する情報について正確、真実かつ最新の情報を会員登録時に入力するものとします。

■ 第23条(遅延利息)

1.会員が利用料金その他の債務を支払期日が過ぎたにもかかわらず、履行しない場合、会員は支払期日の翌日から支払の日の前日までの日数に、年14.6%の割合で計算される金額を遅延利息として、利用料金その他の債務と一括して、当団体が別途指定した期日・方法で支払うものとします。
2.前項の債務の履行に必要な手数料その他の費用負担は、全て会員の負担とします。

第5章 その他

■ 第24条(本サービスの一時中断)

1.当団体は、会員が本規約に違反した場合には、事前に利用者に通知することなく、この違反が是正されるまでの間、本サービスの全部または一部の提供を一時中断することができるものとします。
2.当団体は、次の各号のいずれかに該当する場合は、事前に利用者に通知の上、一時的に本サービスの全部または一部の提供を中断することができるものとします。ただし、緊急でやむを得ない場合には、事後に通知することができます。

  1. (1)本システムの保守を定期的または緊急に行う場合
  2. (2)本システムの障害等により、本サービスの提供ができなくなった場合
  3. (3)火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争・暴動・労働争議等により、本サービスの提供ができなくなった場合
  4. (4)当団体が、運用上または技術上、本サービスの一時中断が必要であると判断した場合
3.当団体は、前各項のいずれか、またはその他の事由により本サービスの提供の遅延または中断等が発生したとしても、これに起因する会員またはその他の者が被った損害について一切責任を負わないものとします。

■ 第25条(本サービスの終了)

1.当団体は、技術上または事業上により本サービスの終了をする場合があります。
2.当団体が本サービスを終了するときは、本サービス終了予定日の1ヵ月以上前から「サムライウェブ」において、その旨を掲示することにより、会員への告知を行うものとします。
3.当団体が本サービスを終了した場合であっても、本サービス終了時までに申込みが完了した個別の取引については、本規約に従って処理するものとします。
4.当団体は、本サービスを終了したときは、当団体の故意または重過失により会員に損害を与えた場合を除き、会員に対し一切責任を負いません。

■ 第26条(免責等)

1.当団体は、本サービス提供時における当団体の技術水準に照らし合理的注意をもって、本システムの設計・構築・管理・運用、セキュリティ管理等を行いますが、本システム及び本サービスの完全性、正確性、有用性等の保証をするものではなく、当団体に故意または重過失ある場合を除き、これらに関して一切責任を負いません。
2.当団体は、「サムライウェブ」または、「サムライウェブ」内の各サイトから他のウェブ・サイトにリンクを張った場合であっても、当該リンク先に掲載される情報の内容及び当該リンク先の運営者が行う行為等につき、当団体に故意または重過失ある場合を除き、一切責任を負わないものとします。
3.当団体は、本規約で特に定める場合を除き、会員が本サービスの利用に関して被った損害については、一切の賠償の責任を負わないものとします。
4.当団体は、会員が本サービスを利用することにより第三者との間で生じた紛争等に関して、一切責任を負わないものとします。ただし、会員が本サービスの利用に関して当団体の故意または重過失により損害を被った場合については、この限りではありません。

■ 第27条(機密保持)

会員及び当団体は、本サービスの利用に関連して、相手方から開示を受けた秘密情報及び知り得た相手方の技術上・営業上の秘密情報を機密に保持し、相手方の書面による事前の承諾なしに第三者に開示・漏えいしてはならないものとします。
ただし、当団体は本サービスの全部または一部を外部に委託する場合は当該委託先に対し必要な範囲内に限り、本条に定める義務を負わせることを条件に当該秘密情報を開示することができるものとします。

■ 第28条(譲渡の禁止等)

会員は会員としての地位または会員としての権利もしくは義務の全部または一部を第三者に譲渡し、もしくは利用させたり、売買、名義変更、質権その他の担保に供する等の行為をしてはならないものとします。

■ 第29条(規約の変更)

1.当団体は、本規約を変更することがあります。
2.本規約の変更に際して、当団体は会員に対し変更内容を告知、あるいは通知することで周知を図るものとします。
3.当団体により適切に前項の告知あるいは通知がなされた場合、会員の知不知にかかわらず、変更後の利用規約が適用されるものとします。
4.会員は当団体より規約変更の告知あるいは通知があった後一定の期間(不服申立期間といいます。)、当団体に対して不服を申立てることができるものとします。それに対して当団体は誠実に対処するものとします。

■ 第30条(管轄裁判所)

会員と当団体との間で本サービスの利用に関連して紛争が生じた場合は、その訴額に応じて、東京簡易裁判所または東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

■ 第31条(準拠法)

本契約の解釈・適用・履行については、特段の定めがない限り、日本法を適用します。

■ 第32条(信義誠実義務)

1.本規約で定めていない事態が生じた場合においては当団体と会員は相互に信義誠実に協議を行い、これを解決するものとします。
2.前項の場合、一般私法、取引慣習などに準拠するものとします。

附則


平成21年7月22日 制定・施行

平成23年7月19日 改訂


Copyright (C) 2017 士業検索ポータルサイト サムライウェブ All Rights Reserved.